マンチカンが上手くできる爪研ぎ方法とは

マンチカンはペットショップなどでも人気のある短足のかわいい猫で飼いたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし猫は爪研ぎをするので賃貸物件などに住んでいる方は柱や壁などに傷をつけられるのではと心配ですよね?

マンチカンが上手に爪研ぎできる方法、しつけ方などをご紹介します。

猫の爪の生え変わりの速度

マンチカンに限らず猫は必ず爪研ぎをする動物です。

猫の爪の生え変わりは猫の年齢、活動量などによって違ってきます。

若く元気で活動量が多い猫の爪はよく使われるため伸びる速度は早いです。

シニアになってくると運動量は少なく睡眠時間が多くなり爪をあまり使わなくなるため伸びる速度は遅くなります。

猫の爪は内側から新しい爪が生えてくるため使っている爪は爪研ぎをしながら短くなり新しい爪に生え変わるのです。

どんな時に爪とぎをするの?

マンチカンが爪研ぎをする時、どのような気持ちなのでしょうか?

まず自分のにおいをつけるという理由があります。

肉球にはにおいを出す線があるため爪研ぎをしながら自分のテリトリー内である柱や壁にマーキングしているのです。

次に人間が伸びてきた爪を切るようなお手入れ、もしくは爪を鋭くとがらせるということがあります。

猫は本来狩りをする動物であるため獲物を押さえこんだり、追いかけて木に登ったりする際に鋭い爪が必要になります。

爪研ぎをすることで丸くなった爪をとがらせたり、下から生えてきている鋭く新しい爪にして狩りを成功させようとしているのです。

心理的に不安になったり、失敗して恥ずかしい気持ちを隠すためなど何らかのストレスを感じた時にも爪研ぎをします。

飛び降りる時失敗したり、自分の思い通りにならなかったした時など爪研ぎに向かって発散して気持ちを落ち着かせているのです。

マンチカンの爪研ぎのしつけ方

マンチカンは賢い猫として知られていますので何回か爪研ぎ場所を教えてあげるとすぐに覚えることができるでしょう。

最初は壁、柱、カーペットなどにすることもありますが、その時は大声で叱らず爪研ぎをしている姿勢のままで爪研ぎグッズの場所に連れていきましょう。

爪研ぎの姿勢のままでマンチカンの手を持ち優しくこのようにしようね、と爪研ぎの動作を一緒にしてみましょう。

爪研ぎグッズにマンチカンの肉球のにおいをつけたり、失敗するようであればまたたびの粉などをつけることも有効です。

一度爪研ぎした壁や柱には、においが残っているためしっかりとふき取り、心配であれば爪研ぎしづらいようにビニールなどを貼ったりしてもいいでしょう。

まとめ

マンチカンの爪研ぎの姿は短い足で一生懸命踏ん張ってとてもかわいく癒される姿です。

家の壁や柱、カーペットなどに爪研ぎしないように爪研ぎグッズを準備して置くことが必要です。

最初失敗しても決して大声で叱らず何度かマンチカンの前足を優しく持って一緒に爪研ぎをして触らせるとしっかり覚えてくれるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする