マンチカンの値段の違いは短足か長足?血統の違いはあるの?

ペットショップでよく見る人気の猫は血統書つきで値段が高い猫が多いですよね。

その中でマンチカンは特に人気の高い猫として堂々の1位を獲得している猫です。

マンチカンの相場や値段の違い、なぜ違いがあるのか等ご説明いたします。

マンチカンの見た目にわかる値段の違いについて

マンチカンのペットショップでの相場はペットショップにより違いますが約10~30万円です。

同じマンチカンであるのになぜこのような値段の違いがあるか気になりますよね?

マンチカンだけではなくペットショップで売られている猫にはいろいろな要素が影響して値段の違いになっているのです。

まずマンチカンの特徴である短い足が値段の違いにあらわれていることがあげられます。

短足のマンチカンが生まれる確率は実は少なくマンチカン全体の約20%程度と言われています。

残りの80%の猫は長い足のマンチカンなので短ければ短いほど値段が高くなります。

次にわかりやすい値段の違いとして月齢があげられます。

一般的にペットショップで売られている猫は月齢が2-4か月の猫が多くそれ以上の月齢の猫に比べて一番高いのです。

一番見た目にかわいい時期ですし、親猫と離して大丈夫な時期であり、飼い主を親と認識できる最適な時期なのです。

ただ親猫と離されて日が浅いですので寝る際も寂しがって鳴く猫もいますのでよく確認しましょう。

4か月以降になり成長してくると体調も安定しますし見た目も大人に近づいてくるため価格も下がり値段の違いに出てくるのです。

性別での値段の違いもあり、オスよりメスの方が値段は安いことが多いです。

去勢手術をする際にメスの方が手術費用がかかるという理由が多いようですが、種によりオスが珍しい場合この限りではありません。

マンチカンの見た目にわからない値段の違いについて

マンチカンを購入する場所により値段の違いがあらわれることがあります。

ペットショップで購入する場合はブリーダーからペットショップが購入しているためペットショップでの利益のために少し高くなることもあります。

ペットショップがある地域の違いによっても大きく違い、これらの理由は地価、人件費、運送費なども含まれ値段の違いになるのです。

毛色や柄の違いにより値段の違いになることもあります。

まとめ

マンチカンをお迎えしようとする場合まずはペットショップで見ることが多いですよね。

値段の違いの理由を少しでも知っていると比較検討することができ値段を抑えることもできます。

マンチカンの値段の違いは見た目にわかる違いだけではない要素もあるので詳しく理由を知りたい場合は店員さん等に確認するといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする