マンチカンの平均体重管理で平均寿命より長生きできるって本当

マンチカンは新しい血統種として知られていますが昨今の猫ブームもありペットショップなどでは人気の高い猫です。

マンチカンが短い足で走る様子は癒されますし、性格も穏やかで人懐こいので飼いやすいので初心者の方にもおすすすめです。

人気があるマンチカンの平均体重や平均寿命はどれくらいなのか紹介します。

マンチカンは毛質、色などが種類豊富

マンチカンが発見されたのは1944年、アメリカで犬に追いかけられてトラックの下に逃げ込んだ野良猫を保護されたことが始まりでした。

マンチカンの一番の特徴としては短い足が有名ですが、実はマンチカンの中で生まれる約80%は長い足のマンチカンなのです。

毛質はやわらかく、短毛種、長毛種とおり、模様や色もさまざまな色がいます。

マンチカンの歴史はまだ浅く新しい血統種のため、少し前までさまざまな品種と交配されていたため多くの種類のミックスがいるのです。

研究の結果、マンチカンの短足が遺伝性疾患であることがわかり交配する種類を指定されたため特徴は安定してきています。

現在は正しい知識を持ったブリーダーによって交配は管理されています。

猫の血統登録機関はミックスで生まれた多くの毛色のマンチカンを認めています。

猫の平均寿命

マンチカンは新しい血統のため蓄積されたデータが少ないですが、平均寿命は10-13才と言われています。

日本ペットフード協会が発表した日本猫の平均寿命は約15才ですのでそれより少し短いです。

しかし約30年前の飼い猫の平均寿命は10才より若かったことを思えば現在医学の進歩などで猫の平均寿命は延びているといえます。

また猫の平均寿命が延びたその他の理由としてはペットフードや生活環境の改善等が挙げられます。

マンチカンの平均寿命が短い理由

マンチカンは普通の飼い猫に比べて平均寿命が少し短いというデータがあります。

その原因としては新しい血統種のためデータが少ないこともありますが、特徴である短い足が遺伝性疾患であることにも理由があります。

短い足を特徴として出すため悪質なブリーダーが近い血での交配を繰り返したため足以外の遺伝疾患のあるマンチカンが生まれ平均寿命が短い個体もいるのです。

短い足のマンチカンはダックスフンドやコーギー等とともにヘルニアになりやすいと言われています。

ヘルニアは直接的な死亡原因にはなりませんが、その他の遺伝疾患により平均寿命が短くなっているのです。

またヘルニアになりやすいということで痛みを感じ動かなくなり肥満が進み排便、排尿障害になったりすることもあります。

マンチカンの平均体重を管理する

足が短く体重が重くなることにより腰に負担がかかりやすいマンチカンですが、平均体重を管理することにより平均寿命より長く生きる猫ももちろんたくさんいます。

マンチカンの平均体重はオスは3-5キロ、メスは2.5-4キロと言われています。

マンチカンが健康的に長生きしてもらうにはマンチカンの腰に負担をかけないように適度な運動をさせることにより平均体重を維持することが大切なのです。

まとめ

マンチカンの平均寿命のデータは他の猫より短めですが高齢になり15才以上になっても元気に生きる猫もいます。

健康的なフードを与え適度な運動をさせることにより腰に負担がかからない生活を送ることが大切です。

マンチカンの体重を管理することにより平均寿命より長生きさせることができるのです。