マンチカンが今大人気の理由とは?人気色ってどの色?

マンチカンは短い足が特徴でペットショップでは人気のある猫ですが一番人気色のマンチカンはどの色なのか気になりますよね?

ペットショップで見かけるマンチカンは様々な色があり迷っている人いるでしょう。

人気のマンチカンの中で一番人気色はどの色?またその理由をご紹介します。

マンチカンの毛の色がたくさんある理由

猫の歴史は紀元前からあるほど長い歴史ですがマンチカンの歴史はまだ浅く最近種として認められた猫です。

以前から足の短い猫は世界の様々な場所で見かけられていました。

遺伝子の突然変異として足の短い猫は生まれていましたが特に取り上げられることはなかったのです。

マンチカンの短足が生まれる割合は低く全体の20%ほどであり絶対数が少ないということも大きな理由でした。

短足のマンチカンが人の目に触れる機会が少なかったということで最近まで注目されなかったのです。

マンチカンとして発見された歴史は浅くアメリカで1944年に音楽教師の女性が短い足の野良猫を保護したことから始まっています。

遺伝の突然変異で生まれた足の短いマンチカンですが、それまで種として認定されていなかったため自然界で様々な交配がなされていたのです。

また1944年以降足が短い突然変異が健康的に問題ないと研究で証明されてからいろいろな種との交配も進みました。

このような理由からマンチカンの毛色には多くの遺伝子が混ざっているため様々な色があるのです。

マンチカンの毛の色と人気色の種類

マンチカンの毛の色には単色、混合色があり、毛の長さは短毛、長毛などたくさんの種類のマンチカンがいます。

単色では白、黒、赤、茶色などすべての毛の色でマンチカンと認定されています。

いろいろな模様の中でタビー柄であるしま模様も人気がある模様です。

しま模様はしまの出方でかなり印象が変わってくるため人気色にも好みがあるのではないでしょうか?

毛の色によっても印象が変わるため様々なマンチカンの中から好きな子を選ぶ楽しみもあるのです。

日本猫に多い三毛猫柄のキャリコと呼ばれるマンチカンは海外では希少価値が高く人気色です。

その理由は海外では三毛猫柄は珍しいのでわざわざ輸入する人もいるほどなのです。

日本ではそこまで珍しくはありませんが日本猫の雰囲気が好きな人には人気が高い色です。

まとめ

マンチカンは短足で見た目がかわいいため、どの色のマンチカンも人気があります。

また毛色、毛質は多種多様なので、あまり手に入らない色が人気色となっているようです。

手に入らないという理由でわざわざ海外から輸入する人もいるほど希少価値が高いマンチカンもいるのは驚きです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする