猫ブームで人気のマンチカンのトリミングのコツや値段

猫ブームの現在、ペットショップでマンチカンは人気がある猫の仲間入りをしています。

短い足で歩く様子は可愛らしく癒されるので飼ってみたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

マンチカンのトリミングはどのようにしたらいいのか?コツや値段などをご紹介します。

マンチカン基本情報

マンチカンは短い足が特徴の猫で比較的新しく認定された猫種です。

平均体重は他の種類の猫に比べると足が短い分、少し小型になっています。

平均寿命は11-13才と報告されていることが多く他の品種より少し短命ですが、食事、体重管理などにより長生きする猫もいます。

性格は活発、いたずら好き、社交性があり、賢く、穏やかなので初心者、多頭飼いなどどのような方にも向いている猫です。

マンチカンはトリミングは必要?

マンチカンに限らず、猫にトリミングは必要なのでしょうか?

トリミングとは猫の体の毛について、シャンプー、ブラッシング、爪のお手入れ、耳掃除などをすることです。

猫は毎日自分で体を舐めて毛づくろいをしていますが、季節の変わり目などには毛が生え変わるため毛が多く抜けます。

特に長毛の猫、毛が柔らかい猫は毛が抜けやすく、毛づくろいの度に毛を飲み込んでしまい猫に負担がかかります。

多くの毛の飲み込みを防ぐため飼い主がブラッシングしたりトリミングサロンなどでプロにブラッシングしてもらうことは有効なのです。

また高齢の猫や肥満気味の猫等は毛づくろいや爪研ぎが上手にできないこともあります。

爪が長くなり過ぎると爪が太くなりすぎて巻き爪になったり伸びすぎた爪が猫の肉球にささることもあるのです。

耳掃除は猫が嫌がったり、飼い主ができなかったりすることもあるのでプロの方にお願いしてきれいにしてもらうとよいかもしれません。

トリミングの気になる価格

猫のトリミングは短毛、長毛の猫によって違いますが、シャンプー、リンス、ブローが基本のセットになっていることが多いです。

長毛の猫はカットがついていることもあり、耳掃除や爪切りなどはオプションで選択することができます。

季節によりカットの種類は様々で、長毛の猫は夏に熱中症になることを防ぐためサマーカット、ベリーショートカットなどがあります。

顔周りとしっぽの先だけ残すカットで、日本の蒸し暑い夏には皮膚内部の蒸れが軽減されるのです。

猫のトリミング代金は短毛猫種で約5000円、長毛猫種で約6000円前後、オプションをつけることで値段が変わってきます。

時間は1-2時間くらいかかりますので猫の体調に合わせてトリミングするとよいでしょう。

まとめ

マンチカンのトリミングのメリットは毎日のブラッシングなどのお手入れで取り切れない毛をしっかり取れることです。

猫は水やドライヤーの音が苦手ですのでプロのトリマーさんに任せることで手早くトリミングができ猫の負担も軽減できるのです。

トリミングはマンチカンがストレスを感じたり体力を使うので万全の体調の時に連れていってあげたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする