マンチカンの性格は穏やか?やんちゃ?オスとメスでも性格違うの?

足が短くかわいい姿のマンチカンの性格は穏やかで優しいということで知られています。

そして社交性がありやんちゃで元気な面もあり元気すぎる猫とも言われています。

マンチカンの性格は穏やかなのか?やんちゃなのか?性別で性格が違うのかご紹介します。

マンチカンの性格は体型が影響している?

マンチカンの特徴と言えば短い足で歩く姿がかわいく成猫になっても子猫のような愛らしさがありますよね。

短い足やその外見からおとなしい猫と感じたり、あまり運動しない猫と感じる人もいるかもしれません。

しかしマンチカンは優しく穏やかな性格の子も多いですが、活発でやんちゃという面も持ち合わせているのです。

猫はもともと狩猟動物であり獲物を捕らえて生きてきた歴史があります。

自然の中で、獲物を捕らえるのに有利な動物は足が速い動物であり必然的に足が長いことが条件となります。

足が短いマンチカンは獲物を捕らえるには不利な体型であるため性格が攻撃的になってのではと考えられています。

厳しい自然界で短い足のマンチカンが生き残るための変化であり攻撃的な性格が現在のマンチカンのやんちゃな性格に引き継がれたのです。

マンチカンのやんちゃな性格と筋肉質な体

マンチカンは短い足で運動については苦手なイメージがありますが実はかなり活発です。

短い足の太ももあたりはとても筋肉質で活発、やんちゃに動き回れるような体なのです。

自然界で生きていくために攻撃的でやんちゃな性格とともに体が小さいことをカバーするために筋肉質になり木登り等が上手にできるのです。

短い足のマンチカンが自然界で発見されるのが最近で、比較的新しい種であるということは優れたやんちゃな性格の持ち主のマンチカンだけが生き残ったと考えられるのです。

マンチカンのオスとメスの性格は比較的オスのマンチカンの方が穏やかな性格と言われています。

メス猫は子供を守るための本能が備わっているため攻撃的になることもありますが個体によることが大きいです。

まとめ

マンチカンの性格は一般的に優しく穏やかで社交性があり飼いやすいことでも有名ですがやんちゃで活動的に一面もあります。

マンチカンの歴史は新しいですが猫の長い歴史の中で、優れたマンチカンの遺伝子を持った猫だけが生き残り現在に受け継いでいるのです。

体はとても小さく子猫のようですがやんちゃで活動的な部分も生かせるよう、ライフスタイルを作ってあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする