肥満になりやすいマンチカンのダイエット方法とは?

マンチカンは短い足がキュートなペットショップで人気のある猫です。

短足のマンチカンは大人になっても子猫のような愛らしさがありますが肥満になりやすいと言われています。

マンチカンの長続きするダイエット方法についてご紹介します。

マンチカンは肥満になりやすい?

マンチカンは太りやすい体質の上に食欲旺盛な子が多いため肥満になりやすいと言われています。

健康的な食事を準備してあげることが重要になります。

食事をお願いする姿がかわいいからとご飯を増量したりおやつを与えたいという気持ちになることもあります。

マンチカンは太りやすい体質であるということを忘れず食事管理はきちんとすることが必要です。

マンチカンの成長期である一才までは少し多めに与えても問題はないようですが成猫になると毎日の量を管理する必要があります。

また高齢になったら一日の活動量はさらに少なくなるため、低カロリーのご飯を与えるようにしましょう。

マンチカンの運動量

短い足なので運動をあまりしないのではと思われる人も多いのですが、実は活発に動き回るという面も持っています。

好奇心旺盛なので家の中を探検したりいたずらすることも多く運動量は多いのです。

ダイエットに必要な運動は横の運動より縦の運動が効果的と言われています。

猫のキャットタワーはダイエットには効果的ですが、短足のマンチカンには注意が必要です。

特にダイエットにキャットタワーを取り入れる場合は、あまり高低差があるもので行うと危険を伴うことがあります。

足が短いことで飛び移れなかったり落下することも考えられます。

ダイエットに取り入れる場合は、最初は低いものや1-2段くらいのキャットタワーを使うとよいでしょう。

また万が一のために周りに柔らかいものを敷き詰めるなどの注意が必要です。

ダイエットは必要?

短い足のマンチカンが少しぽっちゃりしたらさらにかわいいと感じる人も多いかもしれません。

ちょこちょこ歩きまわる姿にも癒されますがマンチカンの体型に肥満は腰に負担がかかるためよくありません。

短足のため腰に負担がかかりすぎると椎間板ヘルニアになりやすいからです。

椎間板ヘルニアとは背骨の間の骨がつぶれ変形することをいいます。

肥満になることにより高所からの落下などのリスクが増えヘルニアになりやすくなるのです。

椎間板ヘルニアになった際の症状はマンチカンの歩き方がいつもと違ったり運動をしなくなったりなどの異常が見られます。

まとめ

マンチカンは体質的に太りやすいことを理解し、健康的な食事を与える、おやつなどを与えすぎない等の食事管理が必要です。

好奇心旺盛で活発なマンチカンですのでキャットタワーなど運動器具を上手に利用することで毎日の生活に運動を取り入れることも可能です。

短い足は遺伝疾患ですが、食事管理をしっかりして適正体重を維持しダイエット不要な生活を送ることで健康的に長生きすることができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする