マンチカンとスコティッシュフォールドの違いってどこ?性格や寿命

マンチカンとスコティッシュフォールドは現在ペットショップなどでも人気の猫です。

マンチカンは新しい種の猫ですので詳しく知らなければスコティッシュフォールドとの違いを見分けるのは難しいかもしれません。

マンチカンとスコティッシュフォールドの見ためや性格の違い、それぞれの寿命などをご紹介します。

マンチカンとスコティッシュフォールドの外見の違い

マンチカンとスコティッシュフォールドの共通点はどちらの猫も突然変異で生まれた猫ということです。

見ためについても、体に対して大きな顔、優しい毛の色等あまり違いがないように感じます。

見分けにくい理由としてそれぞれの大きな特徴であるマンチカンの短い足、スコティッシュフォールドの垂れ耳の割合が少ないからなのです。

マンチカンには長い足のマンチカンがいますしスコティッシュフォールドには垂れ耳ではない子がいるため見分けることが難しいのです。

マンチカンとスコティシュフォールドの性格の違い

マンチカンの性格は穏やかで優しい性格ですが、活発で元気な性格の子が多いです。

見ために似ているスコティッシュフォールドですが、性格はマンチカンよりのんびりしている子が多く温厚であると言われています。

どちらの猫も周りに対して社交的な面を持っているため猫を初めて飼う方、多頭飼いの方、両方におすすめなのです。

マンチカンとスコティッシュフォールドの寿命の違い

マンチカンとスコティッシュフォールドそれぞれの特徴を持った個体は突然変異で生まれた猫種であり先天性疾患なのです。

それぞれしっかりとした知識を持ったブリーダーが交配させているため強い遺伝疾患が出ないように管理しています。

マンチカンの短足は全体の20%、スコティッシュフォールドは30%とであり全体的には多くありません。

しかし個体によって生まれ持っている体質が遺伝疾患の強いものがある場合もあります。

家猫は健康的なフードや予防注射、健康診断、医療の進歩などで現在は長生きになり平均寿命は約16歳となっています。

元気な猫であれば20年近く生きる猫もおり寿命は年々伸びています。

猫は一般的には純血種の猫より雑種の猫の方がいろいろな血が入っているため免疫が高く寿命が長いようです。

マンチカンやスコティッシュフォールドはそれぞれのミックスのほうが寿命は長いこともあるようです。

雑種であっても遺伝疾患がある猫もいますし純血種であっても知識のあるブリーダーのもとで交配された猫であれば健康な猫も生まれます。

まとめ

マンチカンとスコティッシュフォールドは外見は似ていますが特徴はそれぞれ短足と垂れ耳で違いがあります。

性格はマンチカンはスコティッシュフォールドより少し活発ですがどちらとも社交性があり飼い主と仲良くなれる性格です。

寿命については純血種、雑種で決まるのではなくその猫が持っている体質や生活の環境によっても違ってくるのです。