マンチカンがかかりやすいヘルニアの症状やかかる確率と予防方法

マンチカンは短い足がかわいくて有名で今ペットショップなどでも人気がある猫です。

短足でかわいくちょこちょこ歩く姿に癒される人も多く飼ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

短い足のマンチカンがかかりやすいヘルニアの症状やかかる確率、予防方法などをご説明します。

マンチカンの短い足の個体が生まれる確率とヘルニアになる原因

マンチカンの短い足は遺伝的なものですが、短い足を持って生まれるマンチカンの確率は5分の1程度と言われています。

マンチカンの歴史は浅くまたその特徴である短足の生まれる確率は見つかった当時は生まれる確率さえわからず試行錯誤の状態でした。

発見された当時、短い足のマンチカンの生まれる確率は少なかったため突然変異、遺伝子疾患を調べるため研究されました。

さまざまな施設で研究され、短い足は突然変異で健康的に問題がないと証明されたため多くの種類との交配をして様々な種類のミックスがうまれました。

マンチカンの短足は遺伝疾患と言われていますが正しい知識をもったブリーダーのもとで交配されているのです。

短い足を持つマンチカンですがその他のダックンフンド等も腰に大きな負担がかかりやすいため椎間板ヘルニアになりやすいのです。

また足が短いため運動不足になることも多いため肥満になることにより体重が腰に負担をかけヘルニアになることもあります。

マンチカンのヘルニアの症状と予防方法

マンチカンのヘルニアの症状としては歩き方に違和感があったり痛がってあまり歩かなくなったりするなどがあります。

歩行に関して普段と違う感じがしたらすぐに獣医さんに連れていきましょう。

マンチカンがなりやすいヘルニアは腰と背骨の間のクッション部分の椎間板という部分がつぶれたり変形したりすることでなる症状です。

椎間板ヘルニアになる確率としては食べすぎ等の肥満体型になったり高齢化することによりその確率は高くなります。

ヘルニアにならないための予防方法は肥満にならないように適度な運動をさせること、暴食にならないようおやつなどに気を付けることです。

高齢になると骨や関節が弱くなりけがをしやすくなるので高いキャットタワー等を低いものに替えたりすることも大切です。

加齢により体力も落ちるので、高い場所からの落下などによるけがを予防することも必要です。

まとめ

マンチカンの一番の魅力である短い足で走る姿はかわいいですが、その体型の特徴から腰に負担がかかりヘルニアになりやすいのです。

一緒に遊んであげることで症状を早く見つけることができますし体型にあったキャットタワーを使うなど適度な運動をさせることによりヘルニアの予防をすることができます。

健康的な毎日を送ることで大事なマンチカンと長く楽しく暮らせるようにしたいですね。