マンチカンの上手なトイレのしつけ方

マンチカンは足が短く歩く姿がかわいい今人気ナンバーワンの猫です。

新しい種類の猫ですのでまわりで飼っている人は意外に少なく飼い方がちょっと難しいのではと思っている人もいるのではないでしょうか?

足が短いマンチカンの上手なトイレのしつけ方をご紹介します。

トイレのしつけ方

マンチカンに限らずどの猫であってもトイレのしつけは必要です。

トイレの場所は猫が落ち着ける場所に設置することが重要です。

人があまり通らない場所、暗い場所、静かな場所などがいいでしょう。

また猫はとても清潔好きですのでトイレはいつもきれいに掃除をして清潔な状態を保つようにしましよう。

マンチカンがあまり好まない状態のトイレであるとトイレに失敗したり別の場所でトイレをしてしまうことがあるので注意が必要です。

トイレは水平に設置し、がたつきのないようにしましょう。

人間も猫も落ち着いて使えないトイレは使いたくないものです。

子猫のトイレのしつけ方

マンチカンは足が短いのが特徴の猫ですので、トイレのしつけの際には他の猫と違う注意が必要です。

子猫の場合はマンチカンは特に足が短いためトイレの敷居が高いと上手にまたぐことができません。

トイレを失敗しないためにトイレ入り口は低くまたぎやすいようにしてあげましょう。

子猫の場合はトイレに間に合わず失敗することもありますがその場合は叱ったりせず、排泄物を拭いた紙などをトイレの中にいれておくといいでしょう。

次のトイレの際、自分の排泄物のにおいを探すことでトイレのしつけを上手にすることができるのです。

新しくきたマンチカンのトイレのしつけ

トイレのしつけの際、きつく叱ることは控えましょう。

マンチカンはとても賢い動物ですのできつく叱ることで傷ついて何度も失敗したりそのトイレを使わなくなったりすることも考えられるからです。

ある程度大きくなったマンチカンや成猫で飼い始めた場合、トイレの砂によってそのトイレで排泄をしない場合もあります。

足にあたる砂の感覚や肉球の間に挟まる感覚の好みがあるマンチカンもいますので失敗する場合はトイレの砂をかえることも有効です。

失敗が続く場合は砂だけではなくシートにしたり、トイレの容器を変えたりするなどその子の好みのトイレにしてあげることが必要です。

まとめ

トイレは人間にとってもマンチカンにとっても大切な場所であり不安な環境のトイレでしつけることはできません。

マンチカンに限らず猫は清潔好きな動物なのでこまめなお掃除をしていつもきれいなトイレにしておくことが必要です。

安心してできるトイレにしてあげれば賢いマンチカンは上手にトイレをしてくれるようになるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする