マンチカンはよく鳴くの?育て方、環境により違いがわかる?

マンチカンは性格が穏やかでおとなしくまた見た目も短い足で可愛らしく歩く姿には癒されます。

その穏やかな性格から初めて猫を飼う方や一人暮らしの方等マンチカンを選ぶ人も多いでしょう。

マンチカンはよく鳴くのか、育て方や環境の違いによって変わることがあるのか説明します。

子猫はよく鳴く?

マンチカンに限らず子猫の場合は寝ること、ご飯を食べること、よく鳴くことが子猫の仕事になります。

ペットショップなどで売られている子猫の場合、母親猫と早いうちに離されていることが多いためさみしさからよく鳴く子もいます。

特に夜寝る時、母猫や兄弟、姉妹猫達とくっついて寝ていた名残から一人では寒くて寝られないとよく鳴くでしょう。

少し大きくなると遊んで欲しい、一緒にいて欲しいなど子猫なりに様々な要望を飼い主に訴えよく鳴くこともあります。

マンチカンだからよく鳴くのではなく一般的にどのような子猫の種類でも同じなのです。

育て方によりよく鳴く猫になる?

よく鳴く猫になるにはマンチカンに限らず猫の飼い主の育て方に影響されることが大きいです。

飼い主が家にいる時間が長く、猫によく呼びかけをしている場合、猫は呼びかけられると返事をする猫になることが多いです。

特に子猫の時から一緒にいる猫の場合、猫は自分も人間の一員と思っているふしがあり言葉は通じなくても呼びかけるとよく鳴くようになるのです。

ただこの際のよく鳴くは、無駄鳴きではなく話しかけた時の返事であり飼い主とコミュニケーションを取っている鳴き声です。

家にいる時間が長い飼い主がたまに長く家をあけると飼い主を鳴きながら探すこともあるでしょう。

家にいる時間が長くても猫に全く呼びかけずに育った猫は人間に対して鳴くことはありますが最低限の用事の際に限られます。

人間が呼びかけないで育つと猫も鳴くことで多くの要求を満たそうとはしないのです。

環境によりよく鳴く猫になる?

一匹のマンチカンと多頭飼いのマンチカンであれば人間によく鳴く環境は間違いなく一匹飼いのマンチカンでしょう。

マンチカンに限らず多頭飼いであれば人間に訴えるより猫同士での活動時間が長くなるからです。

一匹で飼う場合には猫にとって要求を満たしてくれるのは飼い主だけなのでよく鳴くようになると考えられます。

まとめ

猫の鳴き声は発情期など特別な場合を除いて生活騒音になるようなものではないと考えられます。

時期が来たら去勢をし、猫のご飯、水、トイレなどを清潔にしておくことで猫の無駄鳴きはほとんどないため心配しなくてもよいのです。

マンチカンは穏やかで優しい性格で知られる猫ですから猫を初めて飼う方、一人暮らしの方にもお勧めの猫なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする