マンチカンは穏やかな性格で鳴かないって本当?

マンションなど集合住宅の中でもペット可物件は少しずつ増えてきておりペットを飼う人も多くなってきています。

一人暮らしの方でペットを飼う際心配なのが鳴き声についてではないでしょうか?

人気があるマンチカンは穏やかな性格であまり鳴かないというのは本当なのか説明します。

鳴くか鳴かないは個体差がある?

集合住宅では上下左右に他人が住んでいるため騒音問題には気を使いますよね?

一人暮らしなどで日中家にいない時間が長い場合は特にご近所などに気を使います。

これから新しく猫を飼ってみたいという方は鳴かない猫や穏やかで静かな猫などに興味があるのではないでしょうか?

私達人間にも活発な人、おとなしい人など様々な人がいるように猫の性格も個体により様々です。

同じマンチカンの中でも活発で元気な子もいれば穏やかであまり鳴かないマンチカンもいるのです。

マンチカンは他の猫に比べて穏やかな性格で鳴かないと言われており賃貸物件や一人暮らしの方にお勧めの猫です。

マンチカンの鳴き声はよく鳴く猫より少し小さいくらいに思っておくといいかもしれません。

オス、メス、性別や月齢の違い

オスとメスの性別で鳴き声に違いがある場合があります。

マンチカンの猫のオスとメスで比べてみると体格の違いははっきりしています。

標準体重はメスが3-4キロ、オスは4-6,7キロくらいになります。

体が大きいオスの方が声帯、口も大きくメスに比べると鳴き声は大きくなります。

また月齢によっても変わってくるでしょう。

子猫の間は一人で寝ることが寂しかったり、寒かったり等成猫に比べて様々な要求があります。

成猫であれば周りの状況に慣れ鳴かないという選択肢があるのに対して子猫は鳴かないという選択肢はなく声がかれるまで鳴く子猫もいます。

育った環境による鳴く?鳴かない?

マンチカンであっても育つ環境により鳴く猫にもなり鳴かない猫にもなりえます。

子猫の時に手をかけ毎日長い時間飼い主と過ごしたマンチカンがある時から突然長時間1人で過ごすことになったとします。

毎日飼い主がいてくれたのに昼間は一人ぼっちになることをマンチカンは理解できないでしょう。

このような場合、飼い主を探して鳴くかもしれません。

しかしある程度の成猫になっていればその状況にも慣れ、鳴かないということができるでしょう。

もともと飼い主が昼間不在というライフサイクルであれば普段の生活でも鳴かないでしょう。

鳴くことは飼い主に何かを訴えているというサインなのです。

まとめ

野生的な性質を持ったベンガルや神経質で大きな鳴き声を出すことで知られるシャム猫等は集合住宅には向かないかもしれません。

それに比べてマンチカンは穏やかな、優しい性格であまり鳴かない猫と知られています。

よく鳴く猫に比べると鳴き声は小さいですが個体により性格はさまざまで個体差があることを認識してあげることが大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする