マンチカンは留守番上手?一人暮らしで飼えるお勧めの理由

一人暮らしをしている人は仕事で疲れた後人気のない家に帰るのはさみしいこともありますよね?

家にペットがいてくれたらいいのにと何かペットを飼うことを検討している人もいるのではないでしょうか?

今人気のマンチカンは実は一人暮らしの方にもお勧めで留守番上手な猫であることを説明します。

猫の鳴き声は生活騒音になる?

猫は一般的に上手にお留守番ができると言われるのはその鳴き声の大きさや体の大きさにあります。

ほとんどの猫は成猫になったとしてもメスは3~5キロオスで大きくなっても7-8キロくらいです。

犬のように吠えたり遠吠えすることともありません。

体の大きさが大きくない分よほど緊急の場合を除いて声の大きさはそれほど大きくはありません。

音楽会社が調査した生活騒音のレベルで家の中から出される大きな生活騒音はピアノ等が一番大きいと報告されています。

それに比べてペットの鳴き声は約10%以上少ない結果となっており換気扇やシャワーの音と同じくらいであり生活騒音にはほとんどならないのです。

猫は育ち方で鳴く?その際の猫への対処

子猫の時からの育て方により飼い主と1日中一緒にいる生活を長くしている猫は一匹になると不安になることから鳴いてしまう猫もいます。

突然飼い主が長い時間留守にすると猫がとまどって鳴いてしまうのです。

人間と猫の生活スタイルが突然変わってしまう場合は猫も不安になりますので少しずつ外出時間を増やして留守番することを慣らしていくことが大切です。

マンチカンの性格

マンチカンの性格は一般的に甘えん坊で穏やか、おとなしい性格だと言われています。

またマンチカンは非常に頭の良い猫であるとも言われているためしつけもしやすいのです。

留守番中に何か粗相をしてしまっても一度きちんと教えてあげることで上手に留守番をすることは可能なのです。

しかしマンチカンは繊細な性格の持ち主ですのできつく叱ってしまうと傷ついてしまうこともありますので注意が必要です。

マンチカンのためのキャットタワー

マンチカンは足が短いという外見が特徴の猫ですが意外に運動量は少なくはありません。

足が短いためにあまり高いキャットタワーを設置すると留守番している際に怪我をしてしまうこともあるかもしれません。

危険が少ないキャットタワーを準備するかタワーの周りに落ちても大丈夫な環境にしておくことも留守番を上手にさせるコツなのです。

まとめ

マンチカンの性格は一般的におとなしくあまり鳴き声も出さないため一人暮らしの方でも飼いやすい猫だといえます。

マンチカンは短い足ですが運動量は意外に多く広い場所より高低差があるタワーがあれば十分なので省スペースでも十分確保可能です。

一人暮らしでペットを飼うことを検討している人にも留守番上手なマンチカンはお勧めの猫なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする