マンチカンの寿命は短い?健康的な長生きさせるコツ

猫の一般的な寿命は13年から15年と言われていますが生活環境により差があります。

家で飼われている猫に比べて外で暮らしている猫は事故や病気などで寿命は短いことが多く10年以内であることもよくあります。

マンチカンの寿命は比較的短いと発表されていますが健康的に長生きさせるコツをご紹介します。

一般的な猫の寿命

一般的な猫の寿命は13年から15年と言われていますが家の中で生活している猫は20年近く生きる猫も珍しくありません。

近年生活環境が整ってきていますし、獣医学の進歩により猫の予防注射の接種率も高くなり予防医学にも力を入れているからです。

これに対して外飼いしている猫、野良猫として暮らしている猫は事故やケンカ、病気などにかかる確率が高くなるため寿命は短いです。

10年生きることができる猫はまれなのです。

マンチカンの寿命は10才から13才?

マンチカンは突然変異として誕生した猫ですがアメリカやイギリスなどで偶然発見されています。

第二次世界大戦後一時期姿を消していましたが、戦争後再び見つかりその後1995年に正式に国際的な猫の協会にマンチカンは認定されました。

比較的新しい品種であるため情報が多く揃っておらず公式な寿命は多くの猫の寿命より短く10-13才と言われています。

マンチカンの寿命はなぜ短い?

マンチカンの寿命が一般的な猫比べて短いことには理由があります。

マンチカンの一番の特徴である短い足は遺伝疾患であり軟骨異形成症という病気であることがわかっています。

現在はマンチカンの短足同士の交配は健康的リスクが大きいことがわかったため禁止されています。

この取り組みがなされる前まではより短い足のマンチカンを誕生させるため近い血筋での交配が繰り返されていました。

短い足だけではなくその他の遺伝疾患を抱えたマンチカンも誕生したため寿命が短いということがわかっています。

軟骨異形成症により四肢だけではなく鼻などに症状があらわれることもあります。

体の長さに対して足が短いため腰骨に負担がかかりヘルニアになることも多いのです。

ヘルニア自体は命にかかわる病気ではありませんが、痛みが続くことで食欲がなくなったり、ヘルニアが悪化し歩行困難になることもあるのです。

まとめ

マンチカンは比較的新しい品種のため情報が少なくまた軟骨異形成症という遺伝疾患のため比較的公式寿命は短いとされています。

しかし健康的なフードを与え適度な運動をさせることにより健康的に長生きしているマンチカンもいます。

飼い主さんとの毎日のスキンシップによりマンチカンの異変に気づいてあげられるようにしてあげたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする