マンチカンを飼育する時の注意点とは

マンチカンは足が短くいつまでも子猫のような愛らしさを持った人気のある猫です。

ペットショップでもちょこちょこ歩く姿を見せてくれるため飼いたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

マンチカンを飼育する際、どのようなことを注意すればよいのかご説明します。

マンチカン子猫の飼育の注意点

マンチカンを購入するにはペットショップやマンチカン専門ブリーダーなどから購入することが多いでしょう。

子猫から飼う場合がほとんどですが子猫特有の見ための可愛さについマンチカンとたくさん遊んでしまうこともあります。

マンチカンは穏やかな性格ですが、実はとても活動的、短い足ながらたくさん動き回ります。

しかしその体型からあまり長い時間遊びすぎると腰に負担がかかってしまうことがあります。

また子猫の間は骨や筋肉も未発達なため過度な運動で変形の原因になることもあります。

活動的なマンチカンは飼い主が遊んであげると持前の社交性がある性格からつい遊びすぎてしまうこともあります。

飛んだり跳ねたりし過ぎないように飼い主の方で少し注意してあげることが必要です。

子猫の未発達の筋肉や骨を痛めないよう適度な運動をしないようにし、適度な運動ができるキャットタワーを準備するなど飼育環境には工夫をすることが必要です。

子猫から成猫になる成長期のマンチカンは食欲が旺盛です。

よく活動した後は食欲もあり食べすぎることもあります。

健康的なフードを準備し食べすぎにならないようにしましょう。

肥満はマンチカンの腰への負担が大きくなり椎間板ヘルニアになることがあるからです。

高齢期のマンチカンの飼育の注意点

マンチカンは食欲旺盛な子が多く高齢期になっても食べることが大好きなマンチカンは多いです。

しかし加齢により体質が変わったり活動量が減り、太りやすくなることもあります。

運動量が少なくなりますから若い時と同じ量のフードを与えてしまうとカロリーオーバーになることもあります。

筋肉も少しずつ衰えてきていますから足腰の関節、骨などに負担がかからないように食事管理が必要になります。

もともとの短い足の特徴は年を重ねることにより関節への負担や筋肉、骨の老化により健康上の問題が出てきます。

高いキャットタワーなどは少し高さが低いものに変更するなど高齢のマンチカンに合わせた飼育環境にすることが必要です。

まとめ

マンチカンのかわいい特徴である短い足は子猫、老猫の間は家具やキャットタワーなど関節を痛めないよう飼育環境に注意することが必要です。

好奇心旺盛でいたずら好きな性格で部屋中探検することもあるため高い場所、滑りやすい場所には注意しましょう。

食べることが大好きですが肥満はマンチカンの腰に負担がかかりますので健康的なフードを与えるようにして長生きできる飼育環境を作ってあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする