マンチカンの子猫の飼育って難しい?注意すべき飼育方法とは?

マンチカンは短足がキュートな猫でペットショップなどでも人気がある猫です。

新しい品種の猫なので人気はありますが意外に飼っている人が少なくどのように飼育したらいいのか不安な人もいますよね?

マンチカンの子猫の飼育は難しいのか?注意すべき飼育方法をご説明します。

食べることが大好きなマンチカンの子猫の飼育

マンチカンは足が短く普通の猫に比べて全体的に小さく見えますが食欲は旺盛な猫です。

食べることが大好きな上に活動的ですので、活発に動き回った後はよく食べます。

食べた後それに見合った分消費してくれると問題ありませんが子猫のマンチカンの骨は柔らかく長い運動量には適していません。

またマンチカンは肥満になりやすい体質でもありますので子猫の時から大食いにならないように注意が必要です。

健康的なフードを与えるようにし、フードを置きっぱなしにしない等の飼育環境を整える必要があります。

おやつを与えるとおねだりする様子が可愛くついあげすぎてしまうこともありますが気を付けましょう。

量や回数などを決めて、ねだられてもあげすぎないように家族でも取り決めをするなど飼育環境は万全にすることが必要です。

遊ぶことが大好きなマンチカンの子猫の飼育

マンチカンは社交性があり飼い主と遊ぶことが大好きな猫です。

多頭飼いする場合、相手が成猫であっても、好奇心旺盛なマンチカンは上手に遊ぶことができるのです。

しかし楽しく遊ぶあまり高い場所からジャンプして落下したり滑ったりすることもあります。

マンチカンと他の猫との多頭飼いの場合はキャッタワーや家具等高いものや滑りやすいものを置かない飼育環境にしたほうがいいでしょう。

飼い主が不在中に遊び好きなマンチカンがけがをすることがあるからです。

マンチカンは賢いので上手に留守番することができますので留守中はキャットタワーの周りに柔らかいものを敷き詰めるなどをすることも有効です。

飼い主との遊びも大好きなマンチカンですが子猫の間は骨が柔らかく筋肉も未発達のため遊びすぎには気を付けましょう。

短い足のため飼い主と夢中になって遊んでいる間に腰に負担がかかってしまうからです。

まとめ

マンチカンの子猫は短い足でちょこちょこ動き回るためつい飼い主も一緒に遊びたくなるでしょう。

遊びすぎには注意すること、家具やキャットタワーなどの飼育環境を整えること、肥満にならないように食事を管理することが必要です。

マンチカンは食欲旺盛ですのでスキンシップをよく取り体をチェックするようにし肥満にならないように気をつけてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする