マンチカンは多頭飼いに向いている?成功させるテクニック

猫にはさまざまな性格の猫がおり多頭飼いに向いている猫種とそうでない猫種がいます。

マンチカンの性格は穏やかで優しい、または人懐こいなど多頭飼いに向いていると言われています。

マンチカンが多頭飼いに向いていると言われる詳しい理由や多頭飼いをより成功させるテクニックをご紹介します。

マンチカンが多頭飼いに向いている理由

マンチカンの性格は前述したとおりですが、さらに好奇心旺盛、社交性が高いなども挙げられます。

マンチカンを飼った後に新しい猫を迎え入れるという場合、社交性が高い、穏やかで優しい性格なので受け入れやすいのです。

先住猫がいる場合、他の猫のテリトリーに入ることになりますが、好奇心旺盛、人懐こいという性格で先住猫と仲良くなれることが多いのです。

ただし先住猫のなわばりに侵入することになるのでいつも以上に先住猫には気を使ってあげることが必要です。

マンチカンは友好的な猫ですが先住猫が神経質であったり攻撃的な猫である場合は多頭飼いはうまくいかないこともあります。

マンチカンとの多頭飼い成功テクニック

マンチカンが先住猫である場合、マンチカンの穏やかで優しい性格から新しい猫を受け入れることは難しくありません。

先住猫がいる場合のマンチカンとの多頭飼いのテクニックについての紹介です。

一番重要なことは、先住猫の食事等何事においても最優先してあげることです。

多頭飼いで失敗する原因は先住猫が新しい猫を受けいれられないことが多いからです。

マンチカンとの多頭飼いの順序

まずはお互い別室で生活させ、お互いの音、においなどを慣れさせます。

猫は嗅覚、聴覚が優れているため姿は見えなくて他の部屋に違う猫がいることを敏感に気づいているのです。

猫は鼻をひくひくさせたりいつもと違う反応を見せるかもしれませんが飼い主は普段とおり接してあげましょう。

約1週間程度で少し慣れたところで同じ部屋に連れていき、マンチカンをケージに入れて対面させます。

お互い威嚇をすることもありますが、普通の反応ですので大丈夫です。

時間が立つにつれお互いの存在に慣れケージ越しに穏やかに過ごす時間ができてきます。

このようになったら飼い主が見ている場所でケージから出して対面させてもいいでしょう。

まとめ

マンチカンは穏やかな性格の上に頭もよい猫ですので先住猫を優先させた後はマンチカンにも優しく接してあげましょう。

理不尽な態度を取ると賢いマンチカンは傷つくこともあるので注意が必要です。

多頭飼いを成功させるには先住猫を優先させマンチカンには感謝の気持ちを伝えることでうまくいく可能性があがるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする